ハイパフォーマンス・ソフトウェア・
カンファレンス・オンライン 2021 【春】

インテル® ソフトウェア開発製品によるパフォーマンスの最適化を学べる
開発者向け期間限定イベントサイト

本サイト公開期間:
2021 年 4 月 1 日 (木) ~ 2021 年 7 月 30 日 (金)
オンライン講演:
Day 1 - 2021 年 5 月 19 日 (水) 13:00 ~
Day 2 - 2021 年 6 月 11 日 (金) 13:00 ~
Day 3 - 2021 年 6 月 22 日 (火) 13:00 ~


最新情報

2021.6.4
ハイパフォーマンス・ソフトウェア・カンファレンス・オンライン 2021 【春】講演 Day 3 ~ OpenVINO™ ツールキット集中コース ~ の日程を公開しました。参加登録はこちら
2021.5.28
ハイパフォーマンス・ソフトウェア・カンファレンス・オンライン 2021 【春】講演 Day 1 各セッションのオンデマンド配信を開始しました。動画の視聴はこちら
2021.5.18
ハイパフォーマンス・ソフトウェア・カンファレンス・オンライン 2021 【春】講演 Day 2 の日程を公開しました。参加登録はこちら
2021.5.14
oneAPI GPU 最適化ガイド、SYCL* 2020 API リファレンス・ガイド日本語版を公開しました。技術コンテンツはこちら
2021.5.12
サイト公開期間中に開催されるオンライン講演の参加者を対象とするプレゼント・キャンペーンを開始しました。お申し込みはこちら
2021.4.27
データ並列 C++ (DPC++) プログラミング・セミナー・シリーズ Part 6 セッション動画を公開しました。技術コンテンツはこちら
2021.4.23
MPI と DPC++ を使用したハイブリッド並列プログラミングに関する日本語コンテンツを公開しました。技術コンテンツはこちら
2021.4.13
データ並列 C++ (DPC++) プログラミングのベストプラクティス、インテル® oneMKL を使用したヘテロジニアス環境での開発に関する日本語コンテンツを公開しました。技術コンテンツはこちら
2021.4.1
ハイパフォーマンス・ソフトウェア・カンファレンス・オンライン 2021 【春】公式サイトをオープンしました。オンライン講演 Day 1 の参加登録はこちら


オンライン講演

本イベントサイトでは、オンライン講演の開催を予定しています。この講演では、インテル社による HPC 向け最新ソリューションの動向に関する基調講演をはじめ、最新のインテル® コンパイラーや性能解析ツールを活用して、インテル® プロセッサー向けにアプリケーションを効率的に最適化するための方法を徹底的にご紹介します。

技術セッションでは、エクセルソフト株式会社のテクニカル・サポート・エンジニアによるリアルタイムの質疑応答をチャットベースで受け付けます。この機会にぜひご参加ください。

オンライン講演 Day 3 の参加登録はこちら ≫

ページトップへ

セッション概要

日程

Day 3: 2021 年 6 月 22 日 (火) 13:00 ~ 16:10 (OpenVINO™ ツールキット集中コース)

開催形式

オンライン

参加者

無料 (事前登録制)

注意事項

プログラムの内容および講演者は、予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

ページトップへ

プログラム

6/22 (火) 開催: オンライン講演 Day 3 ~ OpenVINO™ ツールキット集中コース ~

13:00

開始

13:00 - 14:30

Part 1: OpenVINO™ ツールキットのコア機能
エクセルソフト株式会社 テクニカル・サポート・エンジニア 中村 弘志

Part 1 では、OpenVINO™ ツールキットの概要と、最も基礎的な2つのソフトウェア、各ディープラーニング・フレームワークからエクスポートされたモデルを推論専用の形式へ変換するツール「モデル・オプティマイザー (Model Optimizer)」および、Python、C/C++ の汎用 API を提供し、デバイスごとの実行時最適化を行うライブラリー「インフェレンス・エンジン (Inference Engine)」について説明します。また再利用可能な訓練済みモデルのレポジトリーである「Open Model Zoo」を参照して、単純な推論アプリケーションを構成し複数のハードウェアで動作を確認します。

関連ツール: インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキット

14:30 - 14:40

休憩

14:40 - 16:10

Part 2: 開発プラットフォーム
エクセルソフト株式会社 テクニカル・サポート・エンジニア 中村 弘志

ソフトウェアのインストールおよび設定は煩わしい作業であり、OpenVINO™ ツールキットにおいても少なからず必要となります。Part 2 では、より早い時点で OpenVINO™ ツールキットを利用できる、無料で各種推論アクセラレーターの評価が可能なクラウド環境「エッジ向けインテル® DevCloud」および、各ツールによるディープラーニング・モデルの最適化作業を効率よく行うためのウェブベース GUI 環境「DL Workbench」を紹介します。また詳細なプログラミング無しにディープラーニングを用いた動画分析を可能とする「DL Streamer」についてデモを交えて説明します。

関連ツール: インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキット

16:10

終了

ページトップへ

スピーカー (講演順、敬称略)

日本ヒューレット・パッカード合同会社 根岸 史季

根岸 史季 (Fumiki Negishi)

日本ヒューレット・パッカード合同会社 取締役 執行役員 HPC & AI 事業統括。

担当セッション: 基調講演 1: HPE の HPC & AI / MCS ポートフォリオのご紹介 (講演 Day 2)

エクセルソフト株式会社 竹田 賢人

竹田 賢人 (Kento Takeda)

エクセルソフト株式会社 セールスエンジニア。2015 年から現職に従事。インテル® ソフトウェア開発製品の技術サポートを通じてアプリケーションの最適化支援に貢献している。また、セミナーやトレーニングの講師として、技術の普及活動にも取り組んでいる。

担当セッション: 技術セッション 1: インテル® oneAPI ツールキットが提供するパフォーマンス解析ツールの新機能のご紹介 (講演 Day 2)

インテル コーポレーション Neel Dhamdhere

ニール・ダムデレ (Neel Dhamdhere)

インテル コーポレーション インテル® アーキテクチャー、グラフィックス & ソフトウェアツール戦略的事業開発マネージャー。2020 年から現職に従事。インテル コーポレーションにて、15 年以上にわたるプラットフォーム計画、シリコン競争力評価、および 5G クラウド市場開発の分野の実績を持ち、現在はインテル® oneAPI ツールキットに関連した国内のビジネスを担当。

担当セッション: 技術セッション 2: サイエンス・ビジュアライゼーションを推進するインテル® ソフトウェア開発製品のご紹介 (講演 Day 2)

テクニカル・コンサルタント 久保寺 陽子

久保寺 陽子 (Yoko Kubotera)

テクニカル・コンサルタント。元某半導体メーカーにおけるソフトウェア部門のエンジニアとして、インテル® 統合グラフィックスに関するソフトウェア開発者支援業務に貢献してきた。プロセッサー・アーキテクチャー、アプリケーションの並列化・最適化で長年の経験を持つ。

担当セッション: 技術セッション 2: サイエンス・ビジュアライゼーションを推進するインテル® ソフトウェア開発製品のご紹介 (講演 Day 2)

エクセルソフト株式会社 中村 弘志

中村 弘志 (Hiroshi Nakamura)

エクセルソフト株式会社 テクニカル・サポート・エンジニア。2010 年にエクセルソフト株式会社に入社し、インテル® ソフトウェア開発製品の技術サポートを担当。直接お客様へのサポート、セミナーやイベントを通じての製品紹介活動を展開している。

担当セッション: OpenVINO™ ツールキット集中コース (講演 Day 3)


オンデマンド配信

本イベントサイトの公開期間中に開催されたオンライン講演の各セッションをオンデマンド配信しています。下記のセッション動画欄の各リンクよりご覧いただけます。リンクをクリックすると、YouTube の動画ページが開きます。

セッション動画

5/19 (水) 開催: オンライン講演 Day 1

YouTube の再生リストはこちら ▶▶ ハイパフォーマンス・ソフトウェア・ カンファレンス・オンライン 2021【春】講演 Day 1

基調講演 1: インテル® HPC / AI 戦略の革新
インテル株式会社 インダストリー事業本部 HPC 事業開発部長 矢澤 克巳

インテルは、データーセンター向けアーキテクチャー全体の最適化を通じ、HPC / AI 向けの技術革新を推進しています。このセッションでは、第 3 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー (開発コード名 Ice Lake) の最新情報に加え、次世代 CPU に搭載予定の新機能、メモリー・テクノロジーであるインテル® Optane™ DC パーシステント・メモリー、GPGPU、ソフトウェア技術であるインテル® oneAPI 等の将来展望についてご紹介します。

▶ 講演資料 (PDF)

基調講演 2: ハイパフォーマンス・コンピューティングに価値を発揮するインテル® FPGA
インテル株式会社 プログラマブル・ソリューションズ営業本部 事業開発マネージャー 高藤 良史

ヘテロジニアス・コンピューティングの 1 つの選択肢として FPGA が注目されています。インテル® FPGA は、インテル® oneAPI ツールキットによって、インテルの CPU、GPU など他のアーキテクチャーと統一されたプログラミング・モデルをサポートします。FPGA はプログラマブルな強力なアクセラレーターであり、主要なワークロードの高速化や、新たな標準に適応させることができます。このセッションでは、インテル® FPGA の HPC 向け最新技術動向とインテル® oneAPI ツールキットを活用した FPGA 開発についてご紹介します。

▶ 講演資料 (PDF)

プレ技術セッション: SYCL* ベースの oneAPI プログラミング
iSUS 編集長 / テクニカルライター すがわら きよふみ

データ並列 C++ (DPC++) は、Khronos の SYCL* をベースにした最新の C++ 並列プログラミング・モデルであり、Khronos の SYCL* 言語仕様の最新バージョンは SYCL* 2020 です。このセッションでは、SYCL* の概要と実装をはじめ、oneAPI の概要、コンパイラーの仕組み、そして oneAPI ライブラリーの例についてご紹介します。

▶ 講演資料 (PDF)

技術セッション 1: インテルのソフトウェア開発ツールスイート製品 2021 年版
エクセルソフト株式会社 テクニカル・サポート・エンジニア 中村 弘志

2020 年 12 月に発表された「インテル® oneAPI ツールキット」により、これまで「インテル® Parallel Studio XE」と呼ばれていた、インテル C++ / Fortran コンパイラーを始めとしたインテルのソフトウェア開発ツールスイート製品が置き換わりました。これまでの開発ツールはどこへ行ったのでしょうか? ライセンスの範囲と支払っているコストは適当なものでしょうか? 導入を検討する 1 ユーザーとしては、何に注意すれば良いでしょうか? このセッションでは、運用面と技術面からそうした疑問にお答えします。

▶ 講演資料 (PDF)

技術セッション 2: oneAPI DevSummit 2021 レポート
iSUS 編集長 / テクニカルライター すがわら きよふみ

2021年 4 月下旬に開催された、インテル社主催イベント「oneAPI Developer Summit IWOCL 2021」で発表された最新の技術情報を日本でいち早くお届けいたします。ソフトウェア業界におけるトレンドや SYCL* 2020 の注目すべき機能をはじめ、イベント全体およびその中でも注目されるセッションのサマリーについて、iSUS 編集部独自の視点からご紹介します。

▶ 講演資料 (PDF)

ページトップへ

スピーカー (講演順、敬称略)

インテル株式会社 矢澤 克巳

矢澤 克巳 (Katsumi Yazawa)

インテル株式会社 インダストリー事業本部 HPC 事業開発部長。2015 年から現職に従事。前職では国内外の大規模 HPC 案件のプロジェクト・マネージャー、HPC ソフトウェア・スタックや HPC に特化したソリューション開発をリードするなど HPC 分野の幅広い実績を持ち、現職ではその経験を活かし国内の HPC・AI ビジネス開発を担当。

担当セッション: 基調講演 1: インテル® HPC / AI 戦略の革新 (講演 Day 1)

インテル株式会社 高藤 良史

高藤 良史 (Yoshifumi Takafuji)

インテル株式会社 プログラマブル・ソリューションズ営業本部 事業開発マネージャー。データセンターと IoT の 2 つのマーケットにおける FPGA の新規ビジネス開発担当を兼任。R&D 経験と、10 年にわたって通信ネットワーク、放送映像、組み込みなど幅広い FPGA ビジネスを担当した知見から、コンピューティング領域での新たな FPGA 活用を提案。

担当セッション: 基調講演: ハイパフォーマンス・​コンピューティングに価値を発揮するインテル® FPGA​ (講演 Day 1)

エクセルソフト株式会社 中村 弘志

中村 弘志 (Hiroshi Nakamura)

エクセルソフト株式会社 テクニカル・サポート・エンジニア。2010 年にエクセルソフト株式会社に入社し、インテル® ソフトウェア開発製品の技術サポートを担当。直接お客様へのサポート、セミナーやイベントを通じての製品紹介活動を展開している。

担当セッション: 技術セッション 1: インテルのソフトウェア開発ツールスイート製品 2021 年版 (講演 Day 1)

iSUS 編集長 すがわら きよふみ

すがわら きよふみ (Kiyofumi Sugawara)

IA プラットフォーム向けのソフトウェア開発に有用な情報を発信することを目的として設立された技術ポータル「iSUS」の初代編集長、テクニカルライターおよびさまざまなコンサルティング業務を兼任し、ソフトウェア開発者のための技術情報発信に取り組んでいる。

担当セッション: プレ技術セッション: インテル® oneAPI の新機能とインテル® Parallel Studio XE からの変更点 (講演 Day 1)
担当セッション: 技術セッション 2: インテル® oneAPI の最新技術情報のアップデート (講演 Day 1)

関連製品



インテル® oneAPI

アプリケーションとソリューションを SVMS アーキテクチャーに展開する開発ツールを提供することで、プログラミングを簡素化し、効率と革新を促進する統合プログラミング・モデルです。

インテル® ベース・ツールキットでは、データ並列 C++ コンパイラーとパフォーマンス・ライブラリーを使用することで、1 つのプログラミング・モデルで複数のアーキテクチャー (CPU、GPU、FPGA) にわたって高いパフォーマンスを発揮できるコードの開発を支援します。

インテル® ベース & HPC ツールキットでは、C / C++、Fortran コンパイラーと MPI 開発ツールにより、CPU およびアクセラレーターまたはそれらのクラスターへ最適化された HPC アプリケーションの開発を支援します。

製品詳細 ≫



インテル® VTune™ プロファイラー

C/C++、Fortran、Python*、Go*、Java* を使用する開発者向けのパフォーマンス / スレッド・プロファイラーです。

現在および将来にわたるプロセッサーを最大限に活用するように、アプリケーションを簡単にチューニングすることができます。CPU と GPU パフォーマンス、スレッドのパフォーマンスとスケーラビリティー、バンド幅、キャッシュ利用など、パフォーマンス向上のための豊富な情報を収集します。シングルコード・プロファイラーとは異なり、C / C++、Fortran、Python*、Go*、Java* が混在したコードの hotspot を正確に特定します。

本製品は、インテル® ベース・ツールキット、インテル® ベース & HPC ツールキット、インテル® ベース & IoT ツールキット、インテル® ベース & レンダリング・ツールキットに同梱されています。

製品詳細 ≫



インテル® Inspector

C、C++ および Fortran アプリケーション用の使いやすいメモリー / スレッド化エラーのデバッガーです。

メモリーリーク、メモリー破壊、メモリー関連 API のリソース解放し忘れなどの誤りを動的に検出することができます。データ競合やデッドロックなど、デバッガーでは検出の困難なマルチスレッド・エラーも的確に発見し、分かりやすいユーザー・インターフェイスで確認することができます。生産性を上げ、コストを抑えつつ早期に製品を市場へ投入できます。

本製品は、インテル® ベース & HPC ツールキット、インテル® ベース & IoT ツールキットに同梱されています。

製品詳細 ≫



インテル® Advisor

C/C++、C#、Fortran ソフトウェア・アーキテクト向けのマルチスレッド化、ベクトル化のアドバイスツールです。

ベクトル化を安全かつ効率的に行えるように、反復回数、データ依存性、メモリー・アクセス・パターンなどの必要なキーデータを取得します。インテル® AVX-512 対応ハードウェアがない場合でも、最新のインテル® AVX-512 命令セット向けの最適化を行えます。さらに、スレッドのプロトタイプ生成を利用することで、進行中の開発に影響を与えることなく、設計オプションを素早く評価できます。

本製品は、インテル® ベース・ツールキット、インテル® ベース & HPC ツールキット、インテル® ベース & IoT ツールキット、インテル® ベース & レンダリング・ツールキットに同梱されています。

製品詳細 ≫



インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキット

インテル® ディストリビューションの OpenVINO™ ツールキットは、プログラミング可能なアクセラレーターの柔軟性が必要な場合や、VPU の性能を最大限に引き出す場合に最適なエンドツーエンドのビジョン・ソリューションを実現する製品です。

高性能なコンピューター・ビジョンとディープラーニングの開発作業を高速化し、ビジョン・アプリケーションへの組み込みを実現します。モデル・オプティマイザーと推論エンジンからなるディープラーニング・デプロイメント・ツールキット (DLDT) に加え、最適化されたコンピューター・ビジュアル・ライブラリー、OpenCV* および OpenVX* を同梱するこの包括的なツールキットは、ハードウェア・アクセラレーター上でディープラーニングを使用し、さまざまなインテル® プラットフォームでの簡単なヘテロジニアス・プロセシングの実行を実現します。